2010年05月27日

黄金色できれいなオオキンケイギクの正体

黄金色できれいなオオキンケイギクの正体

一昨日、ウォーキングに大井川に出かけたら

雨の後で、水が濁り、いつもより水量が多かったですね。

いつもなら石がゴロゴロしている川原のはずのところに

葉のついた木が数本、倒れ流されてきていました。

昨日は、水がひいて、石が見えている状態だったですね。

風が昨日は強くて、帽子を草むらに茂みに飛ばされました。

その後、押さえて歩きました。


土手に目立つのが、以前書いたオオキンケイギク(大金鶏菊)です。

黄色の鮮やか色をして咲いていますが、特定外来生物なので

栽培するなどすると、懲役や罰金が科せられる植物です。

そのことをどれだけの人が知っているかです。

岐阜県木曽川流域では、そうとう手をやいているという

記事を昨日見ました。

しかも10月には、名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議が

開かれるそうで、住民参加型の駆除作業実施を決めたといいます。



同じカテゴリー()の記事画像
桜の花を見てきました
もう春ですよ
トトロに似た木
ピンク色の朝顔
花の写真撮りたい
ピンク色のムシトリナデシコがどんどん広がる
同じカテゴリー()の記事
 桜の花を見てきました (2011-04-12 12:47)
 もう春ですよ (2011-02-19 11:52)
 トトロに似た木 (2010-12-07 12:04)
 ピンク色の朝顔 (2010-07-21 13:05)
 花の写真撮りたい (2010-07-02 09:07)
 ピンク色のムシトリナデシコがどんどん広がる (2010-06-04 08:27)

Posted by tohne at 09:26 │

日本の音楽